五十肩になりにくい寝方

五十肩とは、肩関節周囲炎と言いますが、中年の時期に多く発生するものです。

寝るときの姿勢と関係が深く、特に夜間に傷むことが多いのです。

睡眠時に常に横向きで寝てると、肩が圧迫されて血行不良になり、組織破壊が起きます。

またお腹の脂肪が多くなると横隔膜を圧迫して呼吸が苦しくなるので横向きに寝がちです。

五十肩になりにくくするには、仰向けで寝る必要があります。

横向き寝が好きな人は、半分ぐらいは仰向けで寝てみてください。

当店にも五十肩のお客様が見えられますが、肩関節の血流のつまりが固まっており、かっさとカッピングを併用して対応しております。

【腕が痛くて上がらない】腕かっさ15分+腕カッピング45分 計60分 5,370円

コメント


認証コード1578

コメントは管理者の承認後に表示されます。