免疫システムを支える主要な栄養素

以下の栄養素が不足すると、病気に対する抵抗力が弱まってしまいます。
1、ビタミンC
白血球の生成と抗酸化作用を促し、身体の防衛機能と修復を強化します。
不足すると白血球の感染症と戦う機能が低下します。
2、ビタミンD
免疫細胞が感染に対抗するために必要な抗体の生産を促進します。
不足すると感染症が長引いたり、合併症を引き起こすリスクが高まります。
3、亜鉛
体内の病原体を見つけだし攻撃する、T細胞の成熟と機能向上に重要です。
亜鉛は強力な抗酸化作用を持ち、酸化ストレスから身体を保護します。

次に免疫システムを阻害するもの
◎砂糖の過剰摂取
砂糖の過剰摂取はビタミンCの吸収を低下し、ビタミンDの活性化を妨げ、亜鉛の体内での働きを低下させます。
また体内の炎症を高めます。
◎ストレスの長期化
睡眠を妨げ免疫力を低下させます。
健康状態を悪化させる高糖質や高脂肪の欲求が高まります。

当店では血液をきれいにし、免疫力向上にカッピングをすすめています。

    コメント


    認証コード2169

    コメントは管理者の承認後に表示されます。